読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遙かなる時空の中で3を

遙かなる時空の中で3を五年ぶりに引っ張り出す Ultimateではなく。ファンディスクと一緒になった愛蔵版を。with十六夜記ではあったけれど上の画像の[the Best 2,800]ではなかったです。乙女ゲームだけに限っても全く詳しいわけでもない私でも買ってやってみ…

機械

pakirapakira.hatenablog.jp これよりひとつ前の記事で書いたことの続きだけれども横光利一の機械を読み終わっていた。日曜日に。 こ、こういう話だったんだあというのがとにかくの感想で。結末がそうなるとか。でも正直結末よりもそこに至るまでに、主人公…

文豪とは

濹東綺譚 作者: 永井荷風 発売日: 2012/09/14 メディア: Kindle版 クリック: 2回 この商品を含むブログを見る どうにもこうにもならんので(じんせいが)絵とか本とか映画とか漫画とかあらゆる創作物に逃避してここまで生きてきましたみたいな感じなんですけ…

また覚え書き記事だけれども

wpb.shueisha.co.jp 自分自身に反原発といったような確固たる思想があって発言したいという強い気持ちや姿勢があるとは到底言い切れませんが震災時の事故が無かったことになるのはどう考えても違うし、原子力が未来のエネルギーとするのももう無理だろうし、…

思い出した女性アイドルの名曲を覚え書き

ブログの方向性など考えて色々幾つかブログ自体を分けて書いていた時もあるのですが(映画とか漫画とか音楽とかそれぞれ分けるっていう…)続かないという非常にありがちなことになっていたのでもう思いついたことを書き留めていくだけになっています。 北原…

A3!が250万ダウンロードとおっしゃるので

ここからは個人的な印象の羅列というか今の段階での覚え書きのようなもので、名前を出している作品を好んでいる方々を非難したり好んでいらっしゃること自体を卑下したいという意図は全く無いです。今後印象が変わることもあるかもしれませんしその時に書き…

はてなダイアリーを使っていたことが以前あったような

はてなダイアリーには、はてな記法などあったような?と思って調べてしまいました。 はてなダイアリーも、はてなブログが出来た今もきちんとあるサービスなのですね。 映画や音楽や本や漫画やゲームやらと 色々とジャンルに分けてブログをしたほうがいいのか…

いとしのテラ

杉真理「いとしのテラ」いとしのステラと何故か覚えてしまっていていつも間違える。 いとしのテラです。地球です。テラへと同じです。 というかそれすら今回調べて知ったような気がします。 曲の印象だけがとにかく自分の中で強すぎて おそらくは改めて考え…

Hirth Martinez_ALTOGETHER ALONE

ハース・マルティネス「オール・トゥゲザー・アローン」 知るかぎりで 完璧だと思う曲が幾つかあって そのひとつです。FMラジオなどでは定番のひとつなような気はします。 http://wmg.jp/artist/hirthmartinez/WPCR000075431.html しかしどうしてこのような…

光GENJIについて 04

拍手ありがとうございます。 光GENJIのとこしえなる輝きと煌きゆえであると 思っています。光GENJI光GENJIと記事にしていたせいなのでしょうが FC2の広告が源氏物語の漫画をオススメし始めてくれています。 クリックしていないのですが源氏物語の漫画ってな…

光GENJIについて 03

タイトルは単に3本めの光GENJIの記事という意味です。 自分用覚え書きナンバリングのようなものです。まだまだ光GENJI再評価中です。 正直ちょっと生活に支障が出始めるレベルです。 なんで今、光GENJIなの(しかもこれまでファンだったわけでもないのに)、…

光GENJIについて

うっかり光GENJIブログになってしまいそうな勢いで 光GENJI再評価の波が押し寄せすぎて 自分の中であっぷあっぷしそうです。 あ、今はあっぷあっぷするという言い回しは あまり聞かない気もしますが もしかしてほぼ死語なのでしょうか。 まあいいや。 昭和生…

光GENJI

自分の中で光GENJI再評価の波が来ているのですが 世間的にはどうか分かりません。 再評価してほしいです。そして音楽番組出演時の映像などをまとめたDVDを出して頂きたい。いきなりこのようなことを書いていますが そして光GENJI現役時に 自分はこの世に生ま…

Don't Look Back In Anger

わざわざ今更この曲についてなど 記す必要すらもしかしてないのかもしれないとも思われますが そもそも覚書ブログなので記しておきたい曲について 思いついた時に記しています。そんなドント・ルック・バック・イン・アンガーです。 カタカナで予測変換され…

清竜人

リリースされた時点で既に スタンダード感を漂わせている曲が たまに出現します。これもその一つだと思います。4年前のリリースですが 1989年生まれとおっしゃる このアーティストは当時は、 はたちそこそこのはずなのに その若さにふさわしくないかのような…

The Pogues Featuring Kirsty MacColl_Fairytale of New York(1987年)

クリスマスが近い季節ですので。個人的にクリスマスというと 本来の意味での宗教にも疎い上に クリスマス前はこうせかされるような気持ちにさせられるようで あまり得意でない印象なのですがそれはそれとしまして。ここ数年の間で急になぜか クリスマスとい…

Meat Loaf

Meat Loafは素晴らしいです。この外見もとても好いです。いかにもスマートな二枚目でこの歌唱だったらそれはそれで またよいということにもなるのでしょうが、 少なくともMeat Loafというアーティストにおいて (失礼な言葉になってしまうかもしれませんがあ…

Moon Safari

音楽に限らず ジャンルにこだわりを持つということが出来ないようなので 自分としては特定のジャンルにこだわりを持てるかたが羨ましかったり ということも多いです。それでも 自己紹介にちろりと書いているように King Crimsonが好きだったりはするので い…

本当に今更なのですが

フィービー・スノウと ダン・フォーゲルバーグと ポール・デイヴィスが 亡くなっていたことを今更知って驚いています。それぞれのかたに特に関連はなく自分が先ほどたまたま続けて知って 驚いているというだけです。 ラジオで洋楽を知ることが多かったので …

Trashcan Sinatras_Obscurity Knocks

Obscurity Knocksについて書きたいのですが どうにもまとまりません。洋楽の曲名で検索をかけると 歌詞から情報まで網羅されている 素敵な個人ブログに大概行き当たり それが何度も同じかたのところだったりすると もうこのかたのブログがあるなら 自分が書…

初恋の嵐

Untitled 熱心なファンでもなく ただ数曲を知っているのみですが 折にふれて思い出さずにいられない名前です。数年前に思い出したときに 公式サイトがリンク切れの部分が多くなったりしているのを見て やるせないような気持ちになっていた記憶があるので 今…

Climie Fisher_Love Changes (Everything)

Climie Fisher - Love Changes (Everything)EMI公式のようなので動画を貼りつけます。これもそうですが 楽曲は色褪せないものも多いけれども PVは大抵時代が如実に表れるものなので 当時の世相を感じるような ふわっとした気持ちで見ると楽しい気がします。…

The Riddle_Nik Kershaw

「The Riddle」Nik Kershaw割と頻繁に頭のなかで流れる曲のひとつです。 今も流れて止まりません。調べてみると1984年リリース。ということはそろそろ30年近くの時間を経たわけですが タイトルといいニック・カーショウの名前すら 今聴いても色褪せない部分…