文豪とは

web拍手 by FC2

 

濹東綺譚

濹東綺譚

 

 どうにもこうにもならんので
(じんせいが)
絵とか本とか映画とか漫画とか
あらゆる創作物に逃避してここまで生きてきました
みたいな感じなんですけれども

それでまだまだまだまだ相当に
結構などん詰まりを感じるからこそ
最近はちまちまちまちま少しずつ
青空文庫から出ている本をkindleで読むようにしていて。

まあそれには何ていうかな感じの
きっかけもあるのだがそれについては
また書き留められたら書き留めていきたいので
今回は別の話としますが。

それで自分は本は好きは好きなのですが
極めているわけでもなんでもないので、
横光利一新美南吉永井荷風
そういえばきちんと読んでないんだなあ、
それも(有名な文学作品の数々をさして読めていないこと自体が)
自分の極めて数多いコンプレックスのひとつでもあったなあ、
と改めて思い。

読んでみると
本当に文豪と呼ばれるような人たちの
文章は非常にどれもこれも素晴らしくて
今更ため息ばかりです。

そこで起きている事柄が起伏に富んでいるとか
奇抜な展開をことさら用意するではなくても、
というかそういう奇想天外さはどれにもないのに、
文章が形容が言い回しが
そしてそこで登場人物および作者が
何を考えていたかどれだけの思索が繰り広げられているかが
文章で読み取れる形で提示されていることに
本当に今更ながら舌を巻くのです。

わたしなどが改めて言うまでもないことながら
ひとの頭の中は覗けないのです。
それなのにこうやって作品のなかには提示されて
極めて美文で綴られているそれが残っていて今も読める
というのは(それが修飾したりで思考そのものとは異なるとしても)
凄いことなのだと改めて感じ入るばかりでございます。

機械 手袋を買いに

 

 

しかし回し者でもなんでもないですがkindleというか
kindle以外のものも含めた電子書籍及び電子書籍リーダーとは
大変素晴らしいものであります。
kindle以外は個人的には使っていないが共通の利点でありましょう)

まず、
場所を取らない。
膨大な本がそんな小さなハードの中に。
そして専用リーダーでなくても
アプリを入れてスマートフォンタブレットで読むことは可能だが
読書しようというには重量が重く
地味にしかし確実に負担になるものなのです。
が、その点、専用リーダーは素晴らしく軽く腕や姿勢に負担にならず、
動作としても軽快である。

ここらあたりは当然かつ大きなメリットとして
挙げられることとしてさらには、
紙魚がつかない
(これ重要なんですけどお。紙の上を這っているところを見ると泣きそう)。
・カビが生えない
(ほんとにこれ重要なんですけどおお)。
・退色しない
(古書などはそれが見た目に風格を加えてもいましょうが
読み返したいだけの個人の蔵書にそのようなものは必要ないのです)。

改めて列挙してみると
現代の恩恵にひれ伏す必要があるような気すらしてくる。

個人的には紙の書籍は大好きで
紙の種類を見たり
装丁の違いを味わうなどは
本当に本当にたまらないくらいなのですが
それでもそういった楽しみは
もう今や贅沢品である、と割り切るようにしています。

上に出したそれぞれの作品については
合間合間に少しの暇でも読むようにして
(でないと読まないので)
まだまださわりくらいまでで、
しかしその時点でその美文と洞察力描写力などに
ため息をついたり舌を巻いたりしています。
とにかくそのようなペースですから
読み切れていない作品ばかりなので
読了したりしたらまた書き留められたらよいなと
自分に呟くような気持ち。