Meat Loaf

web拍手 by FC2

Meat Loafは素晴らしいです。

この外見もとても好いです。

いかにもスマートな二枚目でこの歌唱だったらそれはそれで
またよいということにもなるのでしょうが、
少なくともMeat Loafというアーティストにおいて
(失礼な言葉になってしまうかもしれませんがあくまでも
アーティストとしての価値として見た時の話として)
この見た者が正直たじろぐほどの巨漢という外見は
マイナスでなくプラスです。

彼の曲はビデオで見るのが素敵です。

ドラマティックな素晴らしい歌唱ですから
映像がなくても素敵なことに変わりませんが、
それでも彼がドラマティックな表情や演技と共に
歌い上げる様それこそがもうアーティストとしての姿ですので
見ているとこれこれこれ!みたいな気持ちにさせてもらえます。

俳優としての立派なキャリアもあるかたですから
演技が魅力的なのは当然としても
そのなんつうかよい意味で大げさな演技が
この歌唱とあいまった時が
これぞドラマでロック・オペラでとても素敵です。

この曲が収録されている
ロングセラーを記録したことでも有名なアルバムは
トッド・ラングレンがプロデュースだったんですね。
すげーですトッド・ラングレンすげー。もうほんとすげー。

しかも色々な人に断られた末にトッド・ラングレンに決まったとか
Wikipedia参照)
伝説になるような作品には
こういうエピソードは最早つきものですね。

ジム・スタインマンによる曲自体が
言うまでもなくドラマティックですし
それを更に盛り上げるMeat Loafという存在の素晴らしさに
うっとりです。

でもMeatLoafVEVOチャンネルにはなぜ
全米No.1を獲得もしていて、代表曲のひとつであると思われる
I'd Do Anything For Love (But I Won't Do That)
がないのでしょう。
PVが明らかにお金がかかっていて曲に合っていて名作なのですが。
ロック・オペラは永遠であってほしいとしみじみ思わされます。

そして改めて書き出してみると
Bat Out of Hell(邦題:地獄のロックライダー/1977年)と
I'd Do Anything For Love(邦題:愛に全てを捧ぐ/1993年)の間の16年に
きっと日本のレコード会社の邦題のつけかたにも
変化があったんだなと感じさせるものがありました。
後者はなんつうか直訳に近くて特に味付けがない感じで
きっと時代の趨勢としても邦題はあまりなくなっていた頃で
だけどMeat Loafだから邦題はまあつけとくかくらいの雰囲気ですが、
前者は味付けというか肉付けしかない勢いで。

言うまでもないことかもしれませんが
個人的にも前者のほうが好きです。
音楽に限らず映画などにも言えることですが
味のあり過ぎる邦題がなくなっているのは
仕方のないことなのでしょうが惜しまれもします。

もっと書きたいことはある気がするのですが
余裕がないのでこのあたりにしておきます。
そもそもこれを打っている余裕もないはずなのですが
つい更新してしまいました。

他にも
外道の「香り」をテレビで見て
ぐるぐる頭のなかを回ってたりしますので
次あたりは邦楽のことも書きとめたい気がしますが
どうなるかわかりません。

他にも色々書きたいことはあるのですが
要領も悪くどうにもです。
曲名やアーティスト名だけでもリストアップしておくなどして
順次書き出したいものなのだがなどと思いつつ
結局は思いつきと衝動だけでやっているような次第です。




http://www.meatloaf.net/