虐待親が死んだという話をメモ

web拍手 by FC2

 


 --------------
 急にこんなことを書くのもなんなのですけども
 自分は
 血縁上の肉親が他にどこにいるかは知ったことではないですが
 実質上は肉親が一人しかいない母子家庭で育って

 そのたった一人の肉親である生物が
 今で言う毒親とかそういう言葉で表してしまうには
(その言葉の元になった『毒になる親』は
 読み切ることができないほどに名著ですが)
 今の「毒親」という言葉の使われ方を見るにつけ
 とてもそれを使う気にならないのですが

 そういうような親であったというかで、

 そいつと二人きりの家庭で
 そいつだけを頼りに生まれて育たなければならなかったので

 自分の現在の認識としてそいつは、
 誰も気づかず
 おおよそ私が申告でもしない限り法にも触れず
 私以外は誰も困らない
 しかも病気等で本当に困難にある方々とは
 全く別の状態で、
 当然自覚もないので本人は全く困らないまま
 誰も裁けず野放しになっている異常者、
 です。
 でした。

 忌々しいことに戸籍上やあらゆる手続き上で
 そいつが親でないことにする方法がないので
(どこかに養子縁組をする等の方法が
 いまの自分には現実的でないので)
 何かそういう屑以下の存在としか認識していないが
 何も知らない他人はそれを私の母親というところの、
 その生物が死んだという知らせがあったらしいという話を
 今日聞かされたのでそれをきっかけにここに
 書き留めています。

 らしい、なのは私は便りも受け取らないようにしているからで、
 他の人からそれを知らされて詳細を確認はしていませんし
 そもそも詳細を知りたくもないし
 こうむらなければならないようないわれのない
 面倒も要らないですし、
 一切関わらないのを今後も続けたいというだけのことです。


 とりあえず人生でありえないほどとんでもない時に
 踏みにじられるべきでないものを踏みにじられ
 台無しにされたなんてものではないことを経て、
 さらに改心を求めても
(改心に限らず何かを求めることが意味のない相手であるので)
 到底得られるものでないと悟るほかなかった、
 そういう経緯の果てに
 そいつを自分の人生から無関係にしていくしかないとなって、

 それでも、
 縁を切る、ということは
 本当は手続きでも公的文書でもそれを明らかにしてほしいのに
 世の中の大部分はそれを必要としないゆえに無関心なので
 そんな制度は出来ようはずもなく、
 縁を切ると言っても
 自分が離れて生活も気持ちも無関係で暮らすようにする、
 しかできないことが大変納得がいきませんが、
 現状それしかできないならそれでやるしかないまま
 過ごしていました。

 しかしそうして住所を告げずに引っ越しても、
 こちらはとうに成人も過ぎている独立した存在であるはずなのに

 一度は卑怯としか言いようのない手段で
 他人をだまし住所を聞き出し、
 押しかけてきてその時にこちらが留守だったからといって
 隣の住居の人に私の様子を聞こうとしているところに
 ちょうど私が戻り追い返したけれど、
 いかに自らが正当な理由から正当なことをして
(住所を卑劣なやり方で突き止め押しかけ
 隣の家の人にまで恥をふりまいた挙句に)
 いるかを主張され、

 住所を突き止められている不快を抱えながらも
 引っ越しなどそう簡単にできるものでもないので
 しばらくはそこに住んだけれど、
 そののちにきっかけがあって全く別のところに引っ越し、

 それでも
 一年もしないうちに新しい住所も
 何らかの手段で突き止めたのでしょう、
 思い出しても吐き気がしますが急に書面が送付されました。
 そいつからの文書はとにかく郵便であれば
 開封など一切せず受取拒否で送り返す、
 以外の選択をしないので、
 内容は知る由もないです。
 しかしポストにその封筒が入っていたことだけでも
 思い出すだけでも吐き気がしますし
 塩でも消毒液でも撒きたいことでしかないです。


 急に差し込むような話ですが
 私は昭和のまあどちらかと言えば(すごくどちらかと言えば)
 終わりのほうの生まれなんですが

 自分が生まれてある程度の年齢までを
 過ごすしかなかったその時代に対して、
 愛憎でいえば憎のほうにだいぶ偏るけど
 とりあえずあんまり良くないところ、
 こどもに対する世間の扱いであるとか、
 自分ではどうしようもないことなどを
 平気で差別する今現在ではありえないような
 価値観がまかり通っていた無神経さなど、
 そういった部分を持っていたその時代を
 経年したからといって過去になったからといって
 絶対美化などさせやしない、という気持ちは
 強く持っています。

 もう平成で過ごした時間のほうがずっとずっと
 遥かに長くなったけれど、
 生まれてからいわゆるところの物心つくまでの
 時間を過ごさなければならなかった時代の記憶は
 それなりにどうしても強いものだと
 昭和を思い返すと思い知らされるようです。

 昭和どころか平成も終わろうという頃
 そいつが死んだことに特に意味を見出す気にもなりませんが。
 一切の記念的な考え方を適用する気にならない相手なので。

 死んだと聞かされても、
 塩を撒きたい気持ちにしかならない書面を
 住所を勝手に探られ送付された時から、
 ご自慢だった筆跡のきれいさとやらが
 感じられないぐにゃぐにゃした文字で
 封筒を書いてきたのを見たときから、
 そいつはそういうことで他人の同情を引きたがって
 ただ一人の自分のこどもを陥れて
 自分を正当化してきたのでまた、
 こんな字しか書けなくなるほど弱った自分
 アピールもあったんでしょうが、
 まあご自慢の筆跡も乱れるほど具合悪いんなら
 死ぬんじゃないのとも思っていたので、
 順当にそうなった確認であって、

 せいぜい天涯孤独で惨めに
 なるべく長く惨めさと苦痛を味わえばいいと
 思っていたものをそうならないものだね、
 といったところです。

 葬式等するのかすら知りませんが
 家族もないのに誰かが葬式をしようとしてくれるというなら、
 天涯孤独で惨めさを味わって死んでくれなかった証明だとすれば
 不愉快だなあというか。

 でも平均寿命まで全く到達もしなかったようなので
 そのあたりに天の采配などは見出してもいいのかもしれませんが、
 とりあえず気持ち悪いので考えるだけ不快だし面倒です。

 そんなことを考えるくらいなら
 昨年から飼い始めた初めてのペットというかの
 桜文鳥の環境を充実させることを考えたい
 という気持ちです。

 書き留めておきたいことは他にもあるけれど
 日を追ってまた何か書いていきたいです。

 この区切りには、
 今までせめて文章に残しておきたいと思いながらも
 色々と躊躇してしまうことが多かった部分が、
 どーうでもよくなるきっかけくらいに
 なるならまあそれはそれで、と今は思いますが

 それが全てではないだろうし
 また他の日には自分がどう思うかも分からないので
 何かまた変化があるなりで書き留める機会を
 持ちたいと考えているところまでで今は。

 もう少し要点を絞った文章を書く練習もしつつ
 数を重ねられたらいいという願いと共に。