バンダイナムコの女性向けアイドル物がいくつあるか把握してはいないですが

web拍手 by FC2

そして全部の原作を深く把握はしていないものの

元が女性向けアイドル育成系ゲームである以上
全ての方にお勧めとまで言わないですが

ばんなむの女性向けアイドル物ゲームのアニメ化が
この十月からふたつ放映中で、
来年一月からにひとつある気がしますが、
ひっそり全部面白いです。

ばんなむはそういうのが最早お家芸なのか。
一見面白そうに見えなくても
(失礼すぎますが知らない者が外から見るとそう見えたという話です)
面白い脚本にしてあって
もうアイドル物に求めるものはこれなんですよ
という気持ちにさせてくださいます。

誰もがそうかは全く分からないのですが
個人的には
フィクションのアイドル物とバンド物などには
スポ根であってほしいというか。
自分なりのやりがいを見つけて頑張ってくれている姿を見たい。
そんな気持ちを満たしてくれます。
アイドルマスターのアニメ化も
全ては見られていませんが見られた分だけで言えば
そのような印象だったので
やはりばんなむのお家芸なのかなと思っておきます。

来年一月から始まるアニメ化作品は
先行で1~2話だけ配信中ですが
それを見る限りのことしか現時点で
アニメ化に関しては分からないので
不安も大きいものの。

 

そしてこれはアイドリッシュセブンのことなので

来年一月から放映予定の
アイドル物アプリゲームのアニメ化とは
アイドリッシュセブンのことで。

このゲームをサービス開始間もないころから
プレイしてはいただけに
ゲームの内容について色々思うところはあるので
それも書きたい書きたいと思いつつ
未だ書けず
そして来年一月からの
アニメ化にも大変不安を抱いていましたが
先行1~2話の配信を見る限り
その不安は大分払拭してくれるものでした。
丁寧でした。
思ったよりもずっと。
(この言い方も何ですがそう言いたくなる経緯もあって)

アイドリッシュセブン
サービス開始から一年近く経ってからの
↓力作フル3DCGのMV↓といい

(個人的にお金持ちMVと呼んでいました。
素人目にもほんとに手間もお金も惜しまれていない)

2018年1月開始予定のアニメといい
時間と手間をかけるところが
プロジェクトとして分かりづらい印象です。

でもとにもかくにも
アニメ化は第一部のストーリーを追って
第一部の分だけできれいに終わってくれるなら
期待したいです。

アイドリッシュセブン
ストーリーが第一部は大好きで
第二部までは疑問もちょこちょこ覚えつつも
とても好きでした。
応援していました。

更に正直な気持ちを書いてしまうならば、
アニメ化で現段階での状況が変わることも期待しないでもないですが
世間でのこのコンテンツのピークは
上の超力作3DCGMV発表時点だったと思っていますし、
自分のピークは第一部のストーリーを読み終えた時でした。
が、その話はまた別の機会に書けたらいいです。

今もコンテンツの色々な気持ちは
いっぺんに捨てきれるものではないですし
アニメ化も成功はしてほしいです。


とりあえず
ばんなむのアイドル物アプリゲームのアニメ化は
今のところ話がきちんとあって丁寧で
元のゲームは色々な気はしますが
アニメ化に関してはある程度の
安心と安定を感じ始めています。

sideMとドリフェスRのアニメ化も
とても面白いです。
それぞれが自分なりのやりがいを見つけ
そして仲間と一緒に目標に向かって力を合わせて
努力するというスポ根展開にしてくれていて
とてもいいです。

ドリフェスはタイトルしか知らなかったのですが
この第二期をたまたま見て面白いので
第一期もオンデマンドなどで追っているところで
ゲームもまだ詳細に見られてはいませんが
インストールしました。
もう正直コンテンツもインストールしているタイトルも多すぎて
これ以上増やすことにも散々迷ったのですが
ドリフェスRのアニメを見ていると
インストールせずにいられなかったです結局。
まだほとんど触れていませんが。

sideMはゲームに関しては
最初のをサービス(正式な)開始直後あたりから
ちまちまずっと数年に渡って
出来る時だけで断続的にではありますが
続けています。
最初のという書き方なのは
新しいほうの3Dのゲームは、
事前登録して待望していたのにも関わらず
開始されたら自分のスマホが未対応であったことに
大変いじけているからです。

とにかくsideMもドリフェスRも
アニメはきれいに終わってほしい。

そしてアイドリッシュセブン
アニメ化はこれらの例に続いてほしいです。

それぞれはアイドル物というだけで
ゲームの作りもキャラクターも異なりますが
バンナムグループ関連ゆえなのか
作中の楽曲の作詞者などは
見ているとかぶりまくっています。

アニメに関しては
ストーリーに関しては前述のように
スポ根展開にしてくれていて面白いのと共に、
それぞれの特に3DCGの
使い方やそのありようなどについても
それなりにかなり思うところもあるのですが
ねっちり書いている余裕がなくて。

とりあえずドリフェスRの
ステージシーンの3Dはアニメだけで見ると
なかなか厳しいのは否めないですけれども
あの部分に関してはゲームありきなんだろうと
考えるようにしています。
スポ根なストーリーにいきなり絡んでくる
ゲームからの設定であろう非現実的な
ドリカ?のシステムみたいなものは
むしろいいです。
ゲームもアニメ一期もまだよく知らないので
設定もいまひとつわかっていないですが
元気玉みたいなものだと解釈しています。
ドラゴンボールも残念ながらよく知らないけれども
きっと大体合ってるんじゃないか
と勝手に思っています。

sideMもアイドリッシュセブン(アイナナ)も
ゲームもアニメも書きたいことはあるのですが。
書けたら後日書きたいのですがそれが果たせるのか。
とにかくばんなむのアイドル物アニメ化は
見た限りどれもスポ根で面白いです。