光GENJIについて 04

web拍手 by FC2

拍手ありがとうございます。
光GENJIのとこしえなる輝きと煌きゆえであると
思っています。

光GENJI光GENJIと記事にしていたせいなのでしょうが
FC2の広告が源氏物語の漫画をオススメし始めてくれています。
クリックしていないのですが源氏物語の漫画ってなんだろう。
あさきゆめみし』ではないんでしょうが。

それはともかく
時間があまり取れないのですが
LITTLE BIRTHDAYの「すぐに戻れるから〜」の部分の
歌詞がキュン過ぎるのでそれを書き留めたくて仕方なくて
開いています。
どうしてここがよいかということを
本当はたらたら書きたいのですが。が。

とりあえずあの全員で合わせた時の歌声が
大変高い効果を上げていることだけは確かなのですが
それは光GENJIの曲全てに言えることなわけですから。

現在流通しているはずの二枚のベストCDを注文したのですが
注文受付確認メールからのあとが続かないので
取り寄せの在庫がないのかも、と失望しているところです。

素直にAmazonで注文するのが結局無難なのでしょうが
以前別件で注文した際に、CDではなかったのですが
古い商品の在庫管理は難しい体制なのだろうと
思われるような物が来たので
(感覚に依る部分は大きいものとは思いますが
新品としての購入なのに人がめくった痕が
はっきりたくさん表紙に残っている本だったです)
それから古めのものは注文することを
躊躇しているという事情がございました。

んー。
再評価されたらリマスター再編集CDも
テレビ番組出演時の映像まとめたDVDなども出るのに!
と、それを心より望んでいるのにと思うのですが、
そうはいっても自分が何となくでも知っている
謡曲の歴史のようなものを考えてみたあたりで
クレージーキャッツにおける大瀧詠一のような
存在がいないとそれはなかなかに困難なものではないか、
という結論に至り、また勝手に失望したりしていました。

んー。
歌謡史に詳しいでもなく
リアルタイムでは残念ながら知らない時代の歌謡曲
普通に好きくらいの自分がさらっと見ている印象なのですが
ちあきなおみ山口百恵キャンディーズピンクレディー
再評価されているかといったら個々の事情はあるにせよ
何かそういうものでもない気がするし
謡曲好きな一定層がずっと支持しているくらいに見えるし、
(歌謡曲に目覚める新しい世代が少しずつはいるにしても
その数としてはけして多くはない層に少しずつ受け継がれているくらいかなと。
良し悪しではなく)

ここで望んでいるのは1990年代あたりのクレージーキャッツ再評価並みの
全盛期を知らない世代にもアピールするような動きなんですよ、
ちょっとわざとらしかったとしてもむしろそこまで行かないと
映像集めた新編集DVDなど出してもらえないだろう、などと思うので。
しかしながら大瀧詠一さんのような存在は
望むにはいくらなんでも大きすぎると考えて
ただの自分の考えに過ぎないのですが
しょんぼりしたりしていました。

光GENJI再評価を望む気持ちは変わりませんが
相当難しいかなまで思ってしまっているところです。
こんなにいいのになあ。

とりあえずCDが届いて欲しいです。
Amazonの価格が見るたび違って上下が激しいのも少し嫌です。

ああそれにしてもレコード大賞を受賞して
トロフィー持って、衣裳のスーツを着て、
そして涙を浮かべながらローラースケートでくるくる回るという
不思議な光景を繰り広げてくれた映像がまた見たいです。
レコード大賞の歴史の中でもかなり印象的な場面だったかと
思われるのですが。
リアルタイムで見ていたのでファンでなかったのに
なんだかものすごく今まで見たこともないような光景を
眼前にしている気分でした。

個人的な光GENJI再評価にあたって
そうかレコード大賞は新人賞をすっ飛ばしてのデビュー二年目
パラダイス銀河でだったのかー、と確認して
そういえばそんなわすれがたい場面が確かあったはず、
と思い出しました。
また見たいなあ。

時間がないのに長く書いてしまいました。
ああ。曲についてもっと書きたいのに。

再評価を願いつつ。