Trashcan Sinatras_Obscurity Knocks

web拍手 by FC2

Obscurity Knocksについて書きたいのですが
どうにもまとまりません。

洋楽の曲名で検索をかけると
歌詞から情報まで網羅されている
素敵な個人ブログに大概行き当たり
それが何度も同じかたのところだったりすると
もうこのかたのブログがあるなら
自分が書くこと無いんじゃと
ほんの一瞬だけよぎったりしましたが

更に良く考えるとそもそも個人ブログなので
自分の雑感をまとめたいがために始めているわけで
情報を世に提供しようなどという意図があるのでないのだから
自分個人で書き留めておきたいだけなら
ちまちまでも自分でやることが一番の目的ではないかと
それが自分のためにしかならないにしても
とかまた一瞬で思いました。

さて
英語はさして分かりませんが
Obscurity Knocksというタイトルといい
曲といい青いヤサグレ感が堪らないです。
恥ずかしいくらい青くて眩しくて素晴らしいです。

歌詞の
「I've turned 21, I've twist, I'm bust and wrong again.」
のところがほんとに堪りません。
ジリジリしっぱなしの無駄に費やされる青さが
余すところなく表現されているようです。

しつこいようですが英語はさして分かりませんが。
楽曲に乗った時の雰囲気で
勝手に歌詞も味わわせてもらっています。
洋楽も邦楽もそこは一緒の感じで。

折にふれて聴きたくなるの繰り返しなので
これまで暮らしてきたなかで
個人的な聴き返し回数ではかなり上のほうに入る楽曲です。
たぶん5本か10本くらいの指には入ると思います。
聴き返すと止まらない。

日本ではピタゴラスイッチといえばわかりやすいと思われる
あの装置をフューチャーしたPVも素晴らしかったですが
公式の動画が見つけられませんでした。

この曲は10年20年後にも
青い季節の無駄遣いを表現しきった
名曲としてきらめき続けてくれると信じてやみません。

もう少し色々書きたいのですが
とにかく一度はこの曲を記事にしておきたかったので
とりあえずな感じで書き留めています。
また改めてこの曲に関してちまちま追記できる機会が
あればと思います。


・Trashcan Sinatras 公式サイト(英)

・Trashcan Sinatras facebook
ネットの使い方が自分とは違いすぎているように見え
畏怖の念から平生よりfacebookに近寄らないようにしているので
残念ながら利用の仕方がよくわかっておりません…。






以前の記事に拍手ありがとうございます。
基本的にまだどこにも登録もしていませんし
どなたが見て下さるでもないだろうなと
ぼちぼち始めているところなので
反応を下さるかたがいるとは驚きであり
大変な励みを頂いた気分です。
それもこれも記事に上げた
楽曲やバンドの素晴らしさゆえだとも思います。

書き留めたいことはまだいくらもありはするので
不定期ながら続けていきたいと考えています。
たまに思い出してくださればありがたいです。